大宮の歴史沿革

埼玉県大宮市は旧くから歴史もあり広大な地域と博物館等も設立されるほどでした。
かつては旧大宮区として名称を用いられていましたが、今は埼玉で「大宮市」、あるいは「大宮」と言えばこの地域を指し示します。
様々な観光地のひとつに氷川神社があり、大宮の名前の由来地としても有名です。
また、交通のアクセスが充実しており、電車の乗り継ぎで埼玉スーパーアリーナや埼玉新都心など、数多くの町や市、あるいは県を跨ぐこともできます。
2014年には推計人口の合計が50万人を突破するなど、朝からでも人通りの絶えない中心市街です。
街の通りには大宮市をホームタウンとするJリーグ・大宮アルディージャの旗がはためているのをよく見かけます。
更に駅の構内はもちろん、駅周辺だけでも買い物が充実してできるのも特徴です。
駅から東口と西口に別れていますが、東口の駅前には高島屋、ルミネなどがあり、繁華街、ブックオフなどがあります。
更に、こちらから氷川神社まで行く事ができます。
西口の駅前にはそごうがあると思えば、丸井の入るDOMがあり。イベントや行事にはもってこいのソニックシティもすぐそこです。
駅の入り口からすっと伸びる二階部分から、歩道橋としてそのまま道路を使わず移動することが可能ですし、駅下出口にはタクシー乗り場や路線バスの乗降り場が設けられています。
更に更にサブカルチャーとして、アニメイト、らしんばん、メロンブックス、とらのあななどが集結しています。
とらのあなが東口方面なので、少々往復するのに時間はかかりますが、最近のアニメや漫画、CDなども手に入ること間違いなしでしょう。なお駅前にはソフマップやビッグカメラもあります。
"


大宮の商業

さいたまは、首都圏に属し、東京都心に近いこともあり、多くの企業が集っています。 中心となっているのは、第3次産業です。 旧大宮市は鉄道産業、旧与野市は自動車産業で栄えたところとしても知られています。 また、旧岩槻市は、江戸時代から続く人形の街で、ひな人形である岩槻人形は、経済産業大臣指定の伝統的工芸品になっており、市内にはたくさんの人形屋さんがあります。 関東平野の真ん中に位置し、市場と気候に恵まれたさいたまは、農業も大切な産業です。 稲作の他、野菜や花卉も作られており、クワイやネギが埼玉の特産品になっています。 また、大宮は関東大震災以降、盆栽業者が集団移動したことにより、盆栽村ができ、盆栽も重要な産業になっています。 ただし、近年農業従事者の高齢化や、後継者不足などの問題を抱えています。 また、さいたまはスポーツが盛んなところであり、スポーツ産業も発達しています。 特にサッカーで有名なところで、さいたま市内だけで2つのJリーグチームがあり、それらのホームスタジアムをはじめとして、いくつものサッカー競技場があります。 サッカーだけでなく、千葉ロッテマリーンズ2軍スタジアムがあるなど、野球にも力を入れています。 さいたまスーパーアリーナでは、スポーツイベントだけでなく、コンサートや産業展示会なども行われる多目的ホームです。 さらに、市営の大宮競輪場や浦和競馬場があり、埼玉のスポーツ産業を支えています。

 


プロスポーツのメッカさいたま

さいたまは、スポーツのまちとして知られています。 埼玉というと多くの人が頭に思い浮かべるスポーツは、やはりサッカーでしょう。 特に旧浦和市はサッカーが盛んな街で、浦和高校、浦和西高校など、たくさんのサッカー名門校があります。 さらに、さいたまには浦和レッドダイヤモンズと大宮アルディージャと、2つのJリーグ所属チームを抱えています。 関東女子リーグに加入の浦和本太レディースFCがあり、女子サッカーチームも活動しています。 さいたまには、サッカーだけでなく、bjリーグ所属の埼玉ブロンコスのホームタウンになっており、バスケもさいたまでとても人気のスポーツです。 もちろん、野球もさいたまで有名なスポーツです。 さいたまには多数の市営や県営の野球場が存在しており、高校野球では大宮工業高校や浦和学院高校といった強豪校があります。 社会人野球も盛んで、浦和に本拠がある日本通運のチームが知られています。 また、多くのプロ野球選手も輩出しており、千葉ロッテマリーンズや、東京ヤクルトスワローズの2軍の本拠地があります。 さらに、さいたまは、スポーツが盛んな都市というイメージを活かし、1994年から2010年まで隔年でさいたま市スポーツ文学賞を実施していました。 この文学賞は、スポーツを題材とする小説やエッセイを全国から公募して選ばれるもので、受賞者の作品は、「SPORTS STORIES」という作品集にまとめ、毎回発行していました。 残念ながら、現在は終了しているようです。


人気の観光地が多い大宮

大宮には人気の観光地が多くあり、小さなお子様からお年寄りの方まで幅広い年代層の方達が楽しめるようになっています。買い物や食事を楽しめる場所として人気があるのがコクーン新都心で、様々な飲食店やフードコーナー、雑貨屋などから構成されています。イルミネーションも綺麗なので、印象に残るショッピングモールです。小さなお子様など親子で楽しめる大宮の人気観光スポットには鉄道博物館があります。ヒストリーゾーンとラーニングゾーンに分かれていて、ヒストリーゾーンの方では実物の車両が展示されています。鉄道の歴史と技術をわかりやすく説明されています。ラーニングゾーンでは実物の部品や模型を利用し、鉄道の原理や仕組み、構成を体験的に学習できるようになっています。親子で楽しめる観光地です。男性向けには風俗もちゃんとあります。さいたまデリヘルの中でも大宮のデリヘルは店舗数も多く利用しやすいようです。また、大宮公園には小動物園があり、カピパラやヤマネコなど数多くの動物が展示されています。入場料も無料なので、公園に立ち寄った際に気軽に見られるスポットです。お年寄りに人気のある観光スポットは大宮盆栽村で、数多くの作品が展示されています。いくつかの盆栽園が集まっていて、海外でも有名な観光地になっているので、外国人の旅行者が多く訪れています。近くには美味しいお茶も飲めるカフェテラスや食事をできるお店が点在しているので、盆栽を楽しみながら休憩を取れるので、一日かけてゆっくりと園内を見て回れます。数多くの人気スポットのある大宮は、観光できる場所が多く楽しめます。


さいたまゆかりの有名人

埼玉は、多くの文化人、有名人を排出しているところです。 小説家や画家の有名人の方々の中には、県出身者、あるいはゆかりがある人が少なくありません。 洋画家の高田誠は、当地で活躍した画家で、埼玉県の教育功労者としても表彰されています。 芸術家にこれほど愛されるのは、さいたまが都心に程よく近くて便利なのに、自然が多くて過ごしやすい、ということと無関係ではないのかもしれませんね。 また、当地にゆかりのある小説家というと、森鴎外、太宰治、寺田寅彦、池波正太郎、京極夏彦などが挙げられます。 漫画家や小説家の多くの方が、自分の出身地を作品の舞台に織り込んでいます。 森鴎外は「青年」という作品で氷川公園と氷川神社を作品に登場させており、寺田寅彦も「写生紀行」で氷川公園を登場させています。 太宰治は「人間失格」を大宮で書き上げたといわれています。 このように、多くの有名人に愛されているのも、埼玉の特徴のひとつです。 スポーツが盛んなところということもあり、埼玉出身のプロスポーツ選手も少なくありません。 特にさいたま出身のサッカー選手は多く、北京五輪日本代表監督を務めた反町康治氏、アトランタ五輪日本代表監督を務めた西野朗氏など有名人が多数います。 音楽家や歌手、俳優、女優など、芸能人にもたくさんの埼玉出身者がいます。 音楽のジャンルでも、クラシックからポップミュージックの幅広い分野での有名人がたくさんいます。


さいたまで注目のグルメは

農業が盛んなさいたまは、おいしいものがたくさんあるグルメのまちとしても知られています。 農業の担い手が減少していることが懸念されていますが、稲作をはじめ、数多くの野菜の産地であるさいたまですが、特にクワイは、国内有数の産地として知られています。 また、岩槻ねぎの産地としても有名です。 チコリーもブランド化がすすめられています。 果物も盛んに作られており、ブルーベリーや梨、ブドウの観光農園もたくさんあります。 旧浦和市近郊は、江戸時代沼地が多いところでウナギがたくさんとれるところで、ウナギのかば焼き発祥の地といわれています。 今やウナギのかば焼きはさいたまグルメとして欠かせない存在で、2002年から「うなぎまつり」を開催し、ウナギのまち埼玉をアピールしています。 さいたまのご当地ラーメンである豆腐ラーメンも人気グルメです。 豆腐ラーメンは、豆腐とひき肉の餡がかかっているさいたまオリジナルのラーメンです。 ラーメンは全国的にも人気の食べ物で、武蔵浦和ラーメンアカデミーでは、全国の有名店のラーメンを楽しむことができます。 さいたまのおもしろいグルメ情報としては、旧浦和市は年間ケーキ購入量が全国1位という記録を持っています。 そこで、さいたまはケーキによるまちおこしが試みられ、毎年ケーキにちなんだイベントが行われています。 また、さいたまはパスタの消費量も全国1位のまちでもあるそうです。 今後、パスタによるまちおこしも行われるのでしょうか。